長野県の桃狩り&食べ放題 松川町にある原りんご園の口コミ 


筆者が住んでいるところからわりと近いということで

長野県飯田市で桃狩りを探していましたらこちらの「原りんご園」さんを見つけて何回かいっています。

飯田市からさほど離れておらず、インターチェンジからも近いです。

スポンサーリンク

原りんご園

住所 長野県下伊那郡松川町上片桐2311-1
電話 0265-37-3035(予約もこちら)
営業時間 10時から16時

アクセス 中央自動車道松川インターから車で約5分(宇寿田製菓さんを目指すと分かりやすいかもしれません)

もっと詳しく知りたい方はこちら>>http://hara-ringo.net/
桃狩りの予約はネットでもできます。
>>https://hara-ringo.net/momo
下部へすすんで必要事項を入力してください。

原りんご園での桃狩り


桃狩り方法 1時間もぎとり食べ放題  要予約です。
料金 中学生以上1400円 小学生900円 幼児無料
時期 7月下旬から8月頃
貸し出し ナイフ、お皿、ゴザ、テント

先に予約をいれておきまして、当日到着したら販売所にあるレジで受付をします。
そうすると桃狩り会場へ案内してもらえます。
会場は少し離れています。歩いて行けますが駐車場があるので車でも行けます。
会場でもものもぎ取り方や今が時期の品種、どの木がどの品種かなど説明を聞きましょう。

持って行くといいものは?

筆者のところにはこどもがいますので
いつもこども用にお皿とフォーク、エプロンとお手拭き、ハンドタオルを持っていきます。
おとなだけでもお手拭きと手拭き用にハンドタオルぐらいは持参するといいとおもいます。

あ、あと桃をむくときにまな板があったほうがいいという方はまな板もあると便利かもしれません。
まな板がなくてもお皿の上でできる場合は大丈夫です。
100均にあるプラスチックのものでもあると切りやすいですね。
きれいに種をとって切る場合はまな板があったほうが便利です。

机はないので必要であれば机も。

桃の切り方

ちなみにですが、
わが家では桃狩りで桃を食べるときこういうふうに切ります。
こんなアドバイスはいらない方は大丈夫です。とばしちゃってくださいね。
皮をむいてから、皮が手でむけなければ包丁でむいてから
角をとるような感じで種に沿って切ります。
そうするとまな板はなくてもできます。種の周りに果肉が残ってしまうので少しもったいないかもしれません。

種をきれいに取って食べたいときは
皮をむいてから、こういうふうに切って

出てきた種を包丁の角でさして取ります。
ちょっと取りにくいです。

そのあとに食べやすい大きさに切って食べます。

スポンサーリンク

原りんご園のレビュー

桃が好きなので桃狩りがしたいということでこどももまだ小さくて長時間の車でのドライブができないことから近場で桃狩りをできるところを探しこちらを見つけました。

こちらでいいところは家族ずつに一つテントと敷物があり、テントずつは比較的離れています。

ですので比較的まわりの目が気になることも少なく小さいお子さんがいても気楽にいられますよ。

ただ、こどもがいるとあるのがいいのはテーブルです。

包丁やももをむいたあとの皮や種の入れ物がテーブルに置けるといいです。

筆者はいつもこちらへ行くときは簡易的なテーブルを持っていきます。

そして桃の木がはえているその場所にテントと敷物が設置してあるのですぐにももをもぎに行けます。

品種の多い時期なら今度はあれにしよう、これ食べたら次はこれにしようと桃をもぐのが楽しいしおいしいです。
もぎたての桃は香りがいいです。

そして最後にうちの一家はいつも受付のある販売所へ寄って桃を買って帰ります。

ここの桃がお値打ちでたくさん買っちゃうんです。

キズものですが一箱1000円ぐらいのものもあり、すぐ食べてしまうのですぐになくなります。

全然気にならないキズですしすぐに食べるので二箱ぐらい買って帰りますね。

一箱は10個ぐらいは入っています。

もう桃狩りしなくてもここで桃だけ買って帰ってもいいです。

原りんご園まとめ

ということでして、桃だけでも買って帰ってもいいぐらいな原りんご園さんです。

もう一か所長野県の桃狩りで行ったことがあるところがあるので
そちらもまた紹介したいと思います。

机がないのが少しつらいですが、いいところだと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。