ゼリー作り失敗 ゆるい。固め直しはできる?固まらなかった時の再利用方は?


食欲も失せる暑い夏に、キーンと冷たい氷も良いですが、暑さ疲れでのど越しの良い優しいゼリーに最近寄りがちです(笑)
家で手軽につるんといただきたいです。

ゼリーを作ったらゆるいのができた。原因は?

せっかくおいしくいただこうと手作りに着手したもののなぜか「たるんっ」とゼリーが固まらずにのど越しがないようなゆるめのものができることありますよね。
あれはなぜなんだろうと原因を追究しました。

ゼラチンが少い
ゼラチンも種類がいくつかあって、板ゼラチン、粉ゼラチン顆粒ゼラチン、それぞれ透明感をあげるためだったり、計量しやすい、水で戻す必要がないなど利点がありますが、ゼリーがゆるくなる理由としては少いということにつきます。

戻っていない
水に戻っていない、よく溶けていないで作業に移ってしまったということですね。

熱しすぎ
沸騰させてしまうと固まりにくくなってしまいます。

タンパク質酵素にやられる
ゼラチンを分解してしまう成分を含んだ食材を使ってしまうと固まりません。
パイン、キウイ、メロン、生姜等ですね。

酸味が強い
ペクチンが多く含まれている食材のことです。
レモン、グレープフルーツなどの柑橘類や梅等です。

アルコール度が高い
水分がアルコールと結びついてしまい、固まりにくくなります。

ゼリーは固めなおしができるの?やり方は?


上記の様な理由で固まらずにゆるくなってしまったゼリー、悲しいですよね。
味はなんとか普通だったりするのでなんとか再生再利用する方法はないでしょうか?

スポンサーリンク

あるんです!いや、できるといっておきましょう(笑)
というのも、あまりお勧めはしないからです。

方法としては80度以下の温度で煮溶かしてまた冷やし固めることができます。

ゼラチンの量を少し増やしてもかまいません。
ただし、ゼラチン臭くなってしまったり再加熱することで風味が飛んでしまうことがあります。

何度でも可能な方法ですが、やはりコシが弱くなり固まりにくくはなっていきますので1度くらいにしておきたいところです。

固まらなかったゼリーの再利用法はある?なんとかおいしく食べたい!!

そこでお勧めなのが再利用!というかアレンジですね。

ただゆるく固まらなかっただけで味に問題があるわけではありませんよね。

相性の良い他の味や食感を足す事でおいしく再生することができます。

ジュレ等ソース化
他にババロアなどを用意してジュレがけする。
プリンも同じようにプルプルしていますが、カステラや、シューロールケーキ等スポンジ生地のものにかけてもよいと思います。

冷凍シャーベット
ゼリーは冷凍してもカチコチにはならずシャリシャリ感が味わえるシャーベット化するので冷やして楽しむのもお勧めです。

ゼリードリンク化
牛乳に混ぜてまさに飲み物として楽しむ。
コーヒー、紅茶はもとより果物でもあいますよね。

作ったぜりーがゆるい時のまとめ

最近はあえて、ゆるいゼリーを作る人もいるくらい発想の転換で様々な食べ物のアレンジが溢れています。
どうしてもこれが食べたい!という時もありますが、失敗しても「こんな事できた!」と前向きに作る、食べるを楽しんでもらいたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。