休日旦那と一緒だと苦痛!イライラしない対策と出かけてくれない時なんとかでかけてもらう方法


平日だとなぜか気にならないのですが休日だとなぜ旦那が家にいるのがこうもうっとうしいのでしょう(笑)
一人家に居る人数が増えるだけで部屋さえも心なしか狭く感じるものですよね。
週の半分以上仕事の為家をあける状態が普通と感じているので何週間経とうが
何年経とうが家にいるのが勝手ながら不自然なのです(笑)
世の奥様方はこの不自然さだけに苛立ちを覚えているわけではありません。
苦痛さえ感じるこの現象がなぜなのか、またどうしたらよいか考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

旦那が休日だとイライラする!イライラしないようにするには?

ただいるだけでイライラするという意見もありますが他にはどんな理由があるでしょうか。
不満と旦那の言い分をあげてみます。


《家事をしない》

自分は外で働いて稼いで家に貢献している。もしくは自分がするものではない。役割が違う。

《育児をしない》

これも役割ではない。妻がするべき。もしくはしたいけれど平日はできないし、休日は休みたい。

《寝てばかり》

単純に体を休めたい、スマホでゲームもしたいし、テレビもみたい。休みにしかできないし。

主婦として、家の事はできる限りやりたいですし、綺麗に保てるものなら保っていたいですね。お家も容姿も(笑)
働く女性として、家事は得意な事をお互い分担したいですね。
旦那に比べれば稼得能力も拘束時間も低く、短く、家計を担っているとは言い難いですが
言わせてもらえば、旦那の役割をしてもよかったのです。
もちろん今のような結果にはなっていなかったかもしれませんが。

さらにイライラを加速させるのは、最後は誰もやってくれなくて結局自分でやるしかない現実があることを女性は知っているからです。

こんなイライラの対策は何かないか??
うん!これなら、、とはいかないまでも試してみる価値はありそうなものをちょこっと
紹介します。

少い手数の事を頼む

たくさんノルマを押し付けられるとやる前から嫌になります。
読書も、問題集も達成感のために薄いものからこなすといいますよね。
すぐ終わりそうなら、先にやっつけてしまえとやってくれるかもしれません。
やってくれればなんとなく少しはイライラ減るかもだし、旦那の方でも気楽になるかもですよね。

《自分も手を抜く》

もう何もかも手をつけない!という激しいものではなく、「ある程度」とか「だいたい」
「適当に」いわゆる大雑把というやつですねストレスもたまらないし、性格的にできない人を除けば理想的な方法だと思います。(私はまさにこれです。)

他にも、
(旦那が)いないと思う!とか、
逆にスキンシップをはかる!とか、
嫌いになる!
等をやっている方もあったのですが、あまり建設的でないのと、無理!と私は思ってしまいました。

できる方はやってみると更にイライラが少なくて済むかも?!

スポンサーリンク

旦那になんとかでかけてほしい!出かけてくれないときにやってみること

休日は体を休めたり、
好きな事をしたり、
平日できないことをする日なのでしょうけれど、旦那さんの存在がストレスになりイライラが募るばかりでは何か対策がないといけないですね。

子供がいたりすると、育児に参加してほしいとか、家族ででかけたい!そんな希望もありますが、これ以上イライラしたり面倒見る人数が増えるくらいならむしろ出かけてほしい!手間が減るから、、。レベルまでいってしまったら出かけてもらうほかないですよね。

それにはもう方法は一つしかありません。

たまには一人で出かけたい、一人の時間がほしいからと思われるくらいに
かまって攻撃をするしかないです。

「一緒に○○してくれない?」

「一緒に○○しようよ!」

全部家の中で一緒にしかできない事を誘いまくる。
しつこくです(笑)

旦那が休日だと苦痛のまとめ

旦那さんも奥様も本当に切実です。
奥様に一言、
みんなそうだし、もっと頑張ってる人もいる、そんな人を私は応援します。

だからきっとどこかで応援されてるはずです。

旦那さんに一言、
当然とは思ってないけれど、気恥ずかしいだけで言えないだけですよね。
ちっちゃいことでも感謝すると楽になれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。