子供の朝食に菓子パンってどうなの?健康のことを考えて簡単にできるものを作りたい!


朝はバタバタして朝食作るの時間がおしいですよね。

で、朝食を作らない家庭もあるとおもいます。

そんなお家では菓子パンをこどもに食べさせたり。

まぁ、うちなんですけど。

こどもが喜ぶし菓子パンばっかり食べさせていてはいかん!
とはおもいますよね。

でもほんとにアレやってたから会社がまたギリギリだった!とか。

母親のくせにいつも朝礼に間に合ってない生活をしていてほんとだめなんです。

そろそろちゃんとした、せめて体に悪そうなものはやめたほうがいいかなぁと腰をあげたわけです。

スポンサーリンク

子供の朝食に菓子パンってどうなの?

菓子パンは「太る」というイメージが強いです。

添加物とかも入っていて体にも悪そうです。

とにかく体に悪そうです。

朝でも朝でなくても、

こどもじゃなくておとなでも

食べなくてすむなら食べない生活をおくったほうがいいっていうレベルではないのでしょうか。

そんなものを朝からこどもに食べさせてるなんてっ!

って感じですね。

たぶんやっている本人もわかっています。

だからこちらへ来られたんでしょう(^^)

でもでも、パン屋さんで購入する菓子パンはまだマシなのかなぁとおもいます。

甘いのは甘いので太りますが、

添加物は少ないのではないでしょうか。

パン屋さんとは、焼いたパンをそのまんま置いていて自分で選んでトレイに入れてレジへ持っていく感じのパン屋さんです。

焼いたパンをガラスケースに入れていてとってもらうお店もです。

そういうところの菓子パンだったら市販の菓子パンよりはマシ。

バターとか砂糖とかはしっかり入っているとおもうので食べすぎはやっぱりだめだとおもいます。

朝食を菓子パンにするって健康的にはどうなの?

菓子パンはカロリーが高いです。

スーパーやコンビニで売っている菓子パンを見てみると一個300キロカロリーぐらいはあります。

ふつうのあんぱんぐらいならそこまでのカロリーはないとはおもいいます。

砂糖やショートニングなどの脂分がたっぷりで糖質や脂質も多いです。

それから添加物も入っています。

添加物は調理パンに比べると菓子パンの方が少ないようではあります。

でも、これらが健康にいいとは言えません。

ましてやこどもが食べるものです。

毎朝菓子パンだったとしても、昼夜を手作りして栄養バランスも心がけてとっているのならいいかとおもいます。

それはおとなの場合、ではないでしょうか。

こどもにはたまには菓子パンでもいいとおもいます。

すべてのことをしっかりやるということは、できる人もいますができない人もいますから。

たまにはサボっていいです。

簡単なものでいいので既製品ではないものを食べさせたほうが安心ではないでしょうか。

スポンサーリンク

子供の朝食で簡単にできるものを紹介!

基本的にはごはんにみそ汁。

みそ汁も前の晩に作っておくとか、一日の時間があるときに一日分作っておくとか作り置きすると楽です。

おかずはサラダ、目玉焼き、ウインナーなどが朝ごはんとしては定番かなというところですね。

お弁当と一緒にウインナーとゆでたり、いためたり。

サラダはミニトマトとレタスをちぎる。

ごはんはおにぎりにするとこどもは喜びます。

たまにはトーストを焼いたり、ヨーグルトや牛乳もあるといいですね。

フルーツもいいです。

バナナは楽です。

こちらの朝食レシピなどを参考にしてみてくださいね。
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/breakfast.html

子供の朝食菓子パンまとめ

参考になりましたら幸いです。

わが家では菓子パン朝食をなんとかやめるべく、朝はパンなら食パン。

ごはんはこどもが食べたがらないのでおにぎりをラップでにぎっています。

それだけでは足りませんのでおかずをハムとかカニカマとかソーセージとか。

あんまりよくはないのですが、少しずつやっていっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。