社会人になってからのお弁当 お母さんに作ってもらうってどうなの?自分で作るならいつ作る?


春から社会人。

社会人になるんだからこれからは自立してなんでも自分でやらなきゃ。

張り切っていますね(^^)がんばってくださいね。

でもでもお昼ごはんはお弁当の場合、誰がつくるものなのでしょう?

今まではお母さんに作ってもらってたけど、誰が作るのが正解?

スポンサーリンク

社会人になってからのお弁当

高校生、大学生まではまだ学生で親のお金で学校へ行って勉強をしていました。

それが自分でお金を稼ぐようになるんです。

一般的にはお昼ごはんは自分で稼ぐようになったら自分で用意するものだとおもいます。

ランチの場合は自分で払います。

お昼コンビニで買うなら自分で買います。

お弁当を買うのでも自分で買います。

そこで親がお金を出してくれるとなったらちょっとおかしいかな、、、

自分で払うお金の分節約しようとお弁当を作る。

それは自分で作るものではないでしょうか。

ですからお昼ごはんは自分で用意するという意識をもったほうがいいです。

社会人になってもお弁当はお母さんに作ってもらうのはだめなの?


お母さんが毎朝作っているお弁当が自分のものだけだったら自分で作るようにしたほうがいいですね。

お母さんは学生時代のように毎朝作ってくれるのかもしれませんが、

「社会人になったんだから自分で作るよ」

と言ったらお母さんきっと喜びますよ。

それでもお母さんが作ってあげるからいいよと言われたら、筆者は甘えてもいいんじゃないかとおもいます。

母親にお弁当作ってもらえるのも実家にいるうちだけですから、実家を出れば作ってもらいたくても作ってもらえなくなります。

今だけとおもって甘えてもいいかなとおもうんですよね。

ただ、やっぱりいつまでも母親にお弁当作ってもらっているって一般的には甘えているイメージもあるので人には軽々しく言わないほうがいいかもしれません。

お母さんにはしっかりと感謝を伝えましょう。

お母さんは朝お弁当をたくさん作っている場合。

妹や弟の分やお父さんの分。
お母さんの自分のも作っているかもしれません。

その場合はもしかしたらお母さんが

「一緒に作っちゃうからいいわよ」

なんて言ってくれるかもしれませんね。

お弁当は一つ作るなら二つでも三つでも変わらないです。

お弁当のおかず一品ずつの量を増やせばいいだけですから。

そうやってお母さんは言うとおもいます。

ガス代の節約にもなるかもしれません。

それに忙しい朝に台所にあなたとお母さんがいるのも煩わしくおもうかも。

そういうときはお母さんに作ってもらってもいいんじゃないかな。

お弁当のおかずとか買っていったりしたらいいとおもいますよ。

たまにはあなたがみんなの分を作るとか、手伝いだけは率先してやるとか。

母の日はしっかりと感謝を伝えてプレゼントを渡すとか。

母の日のおすすめ記事


スポンサーリンク

もしお弁当を自分で作るならいつ作る?

もしもどうしても自分でお弁当を作るという場合です。

朝お母さんがみんなのお弁当を作っている時間をずらしたほうがいいです。

お母さんよりも早く作る、遅く作る。

前の晩に作って冷蔵庫に入れておく。

前の晩に作り置きは朝が楽なのでおすすめです。

筆者のまわりでもけっこうみんなやっています。

おかずだけ作っておいて、ごはんは朝詰めてもいいです。

こんな感じで台所での作業の時間をずらしてやってみるといいかもしれませんよ。

社会人のお弁当まとめ

自分のお弁当はできれば自分で作ったほうがいいです。

お母さんがまとめて作っている場合はお手伝いなど積極的にしましょう。

筆者の場合ですが、実家にいるときは母親に作ってもらっていました。

母親は自分の分と父親の分も作っていましたから。

今おもえばあの頃の楽だったこと。

結婚して実家を出れば自分でやらなければならないです。
今度はこどもの分と夫の分も作るのがわたしです。

そんなことを考えれば甘えてもいいのかなとおもいますよ。
でも逆に自分のこどもが社会人になってからも作り続ける覚悟が必要です。断固たる覚悟。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。