五月人形を息子に引き継ぐ!親から子へ送る、お下がりはなぜだめなのか


五月人形を息子さんへ引き継ぎましょう。

あなたが自分のためにご両親から買っていただいた立派な五月人形を息子さんへぜひ引き継ぎましょう。

最近はお下がりはダメとか言いますがなんでだめなんでしょうか。

理由を知って気持ちよく引き継ぐことができるようにしたいです。

スポンサーリンク

五月人形を息子へ引き継ぐこと

五月人形を引き継ぐことは悪いことではありません。

ステキなことだとおもいますよ。

地域の習わしなどもあり引き継ぎは縁起が悪いなどともいわれるところもあります。

逆に代々引き継いでいるお家もあります。

神社などで聞いても引き継いではだめだなんて言いません。
(もしかしたらだめというところもあるかもしれません。)

ふつうにお父さんの人形を息子さんのものにしている家庭もあります。

正解はないんです。

みんなそれぞれの事情や考えでやっています。

昔からの伝統だと考えるなら、兜や鎧飾りは昔は身を守るものでしたので

息子さんの安全や健康を守るものと考えていくといいとおもいます。

そういう意味で飾られるものです。

お父さんの安全や健康を守ってきた実績のある五月飾りが今度は息子さんを守っていくということです。

縁起がいいものかとおもいますよ。

といっても、奥様の考えや奥様のご実家の考えや風習もありますのでそちらともよく相談しましょう。

五月人形は身代わり?なぜ引き継ぐのがだめなのか

お雛様はよく身代わり人形で一人に一つとも言われ、五月人形にも同じことを言うようです。

お人形屋さんの策略だというお話もありますが、実際のところはわかりません。

そういういわれがあることから一人一つではないと縁起が悪いと言われます。

上の章のようにお父さんの健康をまもってきたものなら縁起がいいとも言えます。

もうひとつ、一人に一つなら兄弟のある場合は兄弟に一つずつあるのかといったら必ずしもそうではないです。

一つずつあるお家もありますが、メインは一つの場合が多いではないですか?

あとは金太郎とかのお人形だったり。

筆者はお雛様になりますが、姉妹三人で一つでしたよ。

あとは市松人形といわれるものが妹二人には一つずつ増えただけで。

そんなもんです。

そんな一人に一つとかみんな持ってないんですよ。

スポンサーリンク

五月人形をきれいに保管しよう!保存方法や保管場所

ということで息子さんに引き継ぐのなら保管状態を確認しましょう。

きれいに保管していたとうことならきれいなまま残っていることでしょうが、やはり劣化なども多少はあることでしょう。

メインのお人形や兜、付属品の修理や買い替えといった対策をします。

今はネットで修理も買い替えもできることもありますしお近くのお人形屋さんに相談に行ってもいいかもしれません。

もしかしたらお人形屋さんでは五月人形自体の買い替えを進められるかもしれません。

これからまだまだ長く使っていくのでしまうときから気をつけましょう。

しまうときはよくほこりを払い、金属部分などは乾いた布で拭きます。

できれば手袋などをはめて作業するといいです。

手の皮脂などの付着がサビやカビなどの原因になります。

お人形は顔部分に紙などをかぶせます。

布の袋やビニールの袋にしまいます。

箱に入れるときは新聞紙などをすきまに優しくつめます。

保管場所は風通しのよい湿気の少ない直射日光の当たらないところにしましょう。

乾燥しすぎもよくないです。

押し入れなら上の段がいいです。

タンスの上などもいいようですよ。

秋ぐらいに陰干しをするのもいいようです。

五月人形を息子へ引き継ぐまとめ

五月人形やお雛様など身代わり人形などと言われるものを気持ちよく引き継ぐのは、気にしないことです。

気になるのなら引き継がないほうがいいです。

そして何かあったときにお人形のせいにしないようにしましょう。

五月人形引き継いだからだ、なんてなんかちょっとおかしい気もしますが(^^)

五月人形やお雛様などは嫁側の実家から送るという風習もあるところもあるのでそちらとの折り合いもしっかりとつけましょうね。

まずは夫婦で話がまとまっていればいいかなとは思います。

息子さんに立派な五月人形を引き継いであげてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。