子供の傘はどこで買う?小学生向けに選び方と丈夫で安いものを紹介

小学生向けの傘はどこで買うか。

うちの小学生はなんといっても傘を壊す!!

一年生のうちの短い期間で5、6本は買い替えました。

わたしはなんといっても安い傘派です。

そのうち落ち着いてきてそんなに買い替えは必要なくなりましたが、それでも年に何本かは買いますよね。

用途別にご紹介してみますね!

スポンサーリンク

子供の傘はどこで買う?

こども用の傘もいろんな種類がありいろんなところで売っています。

いろんな価格帯もあり、年齢や性別、用途で価格を決める必要があるとも言えます。

それにより買うところも決まってくるのではないでしょうか。

低学年、男の子 傘何度も壊すかも?

何をどうやって壊すのかは謎です。

丈夫だから壊さないかといったらそうでもありません。

そして壊してくるところはいつも違うところ。

おすすめはやっすいの!!

500円までのものをおすすめします。

ビニール傘の方が穴が開きやすい気がしますのでできればナイロン傘がいいかと思います。

前が見えなくて、この子は危険だ!と思う場合は一部透明なビニールがあるのがまだいいかなと思います。あんまり先のとがってないものを探しましょう。

○西松屋

○しまむら系列

などを探してみるといいですよ。

いつも食品の買い物に行ったりするちょっとした日用品もあるようなスーパーもチラッと見るとけっこう安めのこども用の傘もあったりしますので気にしてみるといいかもしれませんよ。

ただ、傘の開閉が心配で手動を選ぼうとすると比較的幼児用が多いので予算が少し高めになってしまう場合があります。

低学年からの女の子

女の子は比較的周りを見ても傘を何度も買い替えたという話はそうそう聞きません。

すごく活発で男の子と一緒になって飛びまわって遊んでいるような元気な子もいると思いますので必ずそうとは言えませんのでここはご了承をいただける幸いです。

サイズも変わると思うのでだいたい1年ぐらいを目安に使えるものがいいかなと思います。

本人の気に入ったものを選ぶといいと思います。

キャラクターものやきれいな色のついたものがいいかな。

金額はだいたい500円からぐらいがいいのかなと思います。

うちのはラップンツェルのですし、お友達ですみっコぐらし総柄のビニール傘を使っている子がいてかわいいなぁと思いました。

○雑貨屋さん

○イオンなど大型ショッピングセンター

○靴屋さん

子供服や子供用品が売っているところには傘もあると思いますので見てみてくださいね。

それ以外の学年の子

まだまだ背の伸びる3年生や4年生は1年ぐらい使うことを目安に考えましょう。

だいたい傘を壊す頻度も落ち着いてはくると思います。

150㎝台まで背の伸びた子はもう大人と同じ傘を使ってもいいのではないでしょうか。

子供の傘の選び方

・色や柄

明るい色や派手な色個性的な柄がついていると雨の日傘が歩いていても遠くから見ただけで我が子だと判別できます。
暗い道でもわかりやすい色だと安全です。
透明な窓などがついた傘は前が見やすく安全です。

・サイズ

こどもの身長により傘の長さを選びます。

90から100cm  傘40cm
100から110cm 傘45cm
110から120cm 傘50cm
110から130cm 傘53cm
120から135cm 傘55cm
120から140cm 傘57cm
140以上      傘58cm
130から150cm 傘60cm

だいたい平均的に1年生は50cm、2年生は53cm、3年生は57cmぐらいと考えるといいかなと思います。

・丈夫さ
骨組みが太さや骨組みが多いなどを見るといいです。

・開閉の仕方
ジャンプタイプ、手動があります。

1年生だと手動を選ぶと安全かと思いますが少しずつジャンプタイプにも慣れていくといいですね。

・重さ
あんまり重たいと持ち運びに不便です。

こどもに持たせるにはこんなことを基準に選ぶといいです。

スポンサーリンク

子供の傘 丈夫で安いもの

できれば丈夫で安いものを購入したいものですね。

そして安全だとなおいいです。

ここで紹介するものは一部のものですがこんなものがあるよという程度に参考にしてみてください。

グラスファイバー素材は軽くて折れにくいようです。

明るい色やわかりやすい模様で、透明窓があるものなどを選んでみました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

傘 キッズ sheil&sheil ゆめかわユニコーン 560-010 ジャンプ傘 子供用 55cm
価格:1690円(税込、送料無料) (2021/7/2時点)

楽天で購入

子供の傘のまとめ

こどもの傘はその子によって使い方が違うため選ぶのもなかなか大変だったりもします。

そして買うお店によっていろんな品質のものや柄、お値段のものがありますので、

傘を購入すると決めたときはまずどんな傘を選ぶか決めてからお店を選んで行ってみたほうがいいかもしれません。

うちの男の子は1年生の時、傘に穴をあけてくるだけならまだかわいいのですが割いてきたり、持ち手を外してきたり、傘の頭の方についているプラスチックを外してきたり、傘を曲げてきたりとあらゆる手段で壊してくれました。

またすぐいるものでないと困るので、いつも怒って傘を買いにいったものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。