ラグーナテンボス近辺の宿泊施設を紹介 遊んだ後に子供と一緒に泊まろう


ラグーナテンボスで遊んだあとに泊まる宿泊施設。
どこにしましょうか。
お値段や場所や条件によって選びましょう。

ラグーナテンボス内にあるホテル「変なホテル ラグーナテンボス」。
恐竜ロボットがあるホテルだとテレビなどでもとりあげられ話題となりました。
恐竜に興味のあるこどもと一緒に行きたいですね。

でも!変なホテルお値段もなかなかだし、口コミもイマイチ。

ラグーナ内にはもう一つホテルはありますし。

それに少し行けば温泉もあるんですよ。

スポンサーリンク

ラグーナの敷地内 変なホテルラグーナテンボス


ラグナシアのフラワーラグーンから行き来ができます。

恐竜のロボットがお出迎えをしてくれる、世界初ロボットが働くホテルとしてギネスにも認定されています。

ラグナシアで遊んだあとはこちらでのお泊りが一番楽だと思いますよ。

夜はラグーナフェスティバルやラグーナテンボスのcasa、変なホテル内のレストランでもディナーがいただけます。

ラグナシア入園チケットや15分早く入園できる特典もついたプランがお得です。

口コミはよくないですが、まだこれからよくなっていくホテルではあると思います。

ラグーナの敷地内 ホテルラグーナヒル

ラグーナテンボス東ラグーナヒルアリアにあるラグーナの湯のお隣にあるホテルラグーナヒル。

シャトルバスでラグーナ内を行き来できます。

ダルゴラグーナでのタラソテラピーなどが一緒のプランがお得です。
ラグナシア入園チケット付きプランもあります。

食事の口コミもいいです。

ホテル竹島

ラグーナテンボスから車で10分です。

竹島を眺めながら露天風呂に入れます。
露天風呂付客室のプランもあります。
お部屋の眺めもよく、夕食朝食の口コミもいいです。

竹島水族館、竹島ファンタジー館、オレンジパークなどのアクセスもいいです。

イチゴ狩り、竹島水族館入園券付き、ラグナシア入園券付きプランもあります。

三河湾リゾートリンクス

ラグーナテンボスから車で40分です。

ラグーナ入園券付きプランもあります。
夕食が人気のお宿で、ショーやマッピングなどもあります。
小さい屋内プールもありこどもにも人気があるようですよ。

三谷温泉

ラグーナテンボスから車で5分です。
ラグーナからのアクセスは抜群です。
コンビニを寄る間もなく到着です。

宿によってはラグーナまでの送迎バスも出ています。

おすすめは、明山荘です。
ラグナシア入園券付きプランもあり、送迎もあります。
夕食、お風呂の口コミがよいです。
2017年の夏に一部建物をリニューアルしています。

西浦温泉

ラグーナテンボスから車で30分。
おすすめは銀波荘です。
夕食や露天風呂付客室が人気です。
ラウンジ使用時のサービスがよいそうですが。。。
筆者もぜひ使ってみたいものです。

ラグーナテンボス周辺宿泊場所まとめ

筆者はどこの宿も口コミはよく、泊まってみたいと思うような宿ばかりでした。

でも次は変なホテルに泊まりたいんですよね。
口コミを見て少し迷うところではありますが、ラグーナからアクセスがいいし恐竜も見たいんです。

そして筆者は年末ラグーナへ行った際、三谷温泉の「松風園」さんに泊まりました。
ラグーナからすぐでアクセスがとてもよかったです。本当に5分で。
夕食はなく朝食だけでしたが食事の味も良かったし、温泉もしょっぱくてよかったです。
お部屋も広かったし、大きい窓のあるオーシャンビューでよかったです。
接客も親切にしていただきました。
ただ、やはり古いお宿でしたのでいろいろ使い勝手が悪かったです。
コンセントが探さないとなかったし、ティッシュもなくて探しました。
朝食はバイキングでしたが、案内とか、こどもの椅子のセットとかそういうのが全くなかったんですけど。
好きな席に座って、勝手に食べて勝手に帰りました。
あと、駐車場がないんです。
キーを預けてチェックインして、チェックアウト後に車がおいてあるはずと言われたところになくてバスで離れた駐車場まで探しに行きました。
あともうひとつ、館内がすごく広い。
方向音痴なので迷子になりそうでした。
エスカレーターもあったのですが早すぎてこどもは一人で乗れないのに狭くて二人で乗れなくて危なかったです。

悪くはない宿ですが、次は違うところに泊まってみたいです。

近かったので三谷温泉に決めましたが、近いのは本当に助かりましたのでよかったです。
お値段はおとな二人こども布団なし食事なしで三万円ぐらいです。
年末の連休中で朝食のみのお値段です。

ラグーナは遊園地や買い物、プール、タラソセラピーやお風呂などが楽しめますのでそちらで夕方あたりまで楽しんで、夕食とお風呂をゆっくりできるお宿で楽しんではいかがですか(^^)

参考になりましたら幸いです。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。