赤ちゃんがいるのに旦那は飲み会の迎えに来いって言う!帰り方を教えてやりましょう


よく聞きますよね。
赤ちゃんがいるのに帰り車で迎えに来てっていう旦那。

赤ちゃんのこと考えているんでしょうか!

飲み会へ行かせてあげているのに迎えまで来いという。
むしろ行きも送ってみたいな。

こっちは赤ちゃん連れなんだよ!!

赤ちゃんだって疲れるしそんなにホイホイ出かけたくないですよね。

赤ちゃんがいるのに旦那は飲み会の迎えに来いって言う

なんでなんでしょうか。
自分のことしか考えられないんですかね。

こんなに朝から晩まで体力を削って赤ちゃんの面倒見ているのが分からないんでしょうか。

夜迎えの時間に赤ちゃんが寝てるかもって思わないんでしょうか。

赤ちゃん起こしてまで連れて迎えにきてほしいって思ってるんでしょうか。

ずっと赤ちゃんと二人で不安だし、本当は早く帰ってきて一緒に赤ちゃんの面倒みたりしてほしいですよね。

本当は飲み会も行ってほしくないのに、たまには、仕事だからと快く送り出してるの分からないんでしょうね。

そのうえ迎えに来いなんて。

男性には分からないんだと思います。

世の中には飲み会を控えて育児を手伝っている方や、行っても早く帰ってくる方もいます。

それでも、飲み会に行って迎えまでよろしくとう方も少なくはないようです。

その人の価値観の問題ですが、もう少し育児の大変さや産後こどもと二人でいることの心細さを分かってもらえるといいんですけどね。

まず飲み会へ行かせるか行かせないか

行ってはだめだと言いきるのも、いいのかなぁと思って遠慮する人も少なくはないと思います。

二人でちゃんと話し合っておくといいと思います。
気持ちを伝えましょう。

産後に飲み会行かせたくないっていう人も多いのは事実です。。

自分だけずるいとかそういう気持ちも多少はあると思いますが、そればかりではないです。

産前産後はメンタルもナイーブな時期もありますし鬱になってしまう人もいます。

精神的に安定しませんので自分の気持ちに整理をつけられないこともあります。

とにかく一緒にいてほしいと思うこともあり、いてもらえるだけで安心できます。

せめて赤ちゃんがうまれて、半年ぐらい、できれば一年近く飲み会を極力控えてもらえるといいですね。

迎えは行くのか行かないのか

行かないほうがいいです。

赤ちゃんのことを考えると完全にそうです。

赤ちゃん置いてはいけませんし、せっかく寝ついているのに連れていくのかわいそうです。

飲み会へ行くのならそこを理解してもらいましょう。

どうしても迎えがないと無理なら、飲まずに車でいってもらうかいかないようにしてもらうしかないです。
と、断固拒否しましょう。

飲み会から帰り方

それでもどうしても飲み会へ行って飲みたい場合の帰り方です。

飲み会行きたいのも飲みたいのも、気持ちはわかります。

そういう人もいるでしょう。

お金をかけても飲み会へいくし、飲みたい!
こんなに行かないでって言ってるのにすごいご主人もいるでしょう。

接待などもあるので仕方がないこともあります。

そういうときは自分の責任で、

・歩いて帰る(歩ける距離なら、20kmぐらい歩いて帰る人もいるようです)
・電車で帰る(あれば)
・自転車(飲酒運転はだめですから行きだけ使って押して帰る)
・タクシーで帰る
・代行を頼む
・ホテルなどに泊まる
・車中泊

こういう方法があるようです。

お金はいる分渡したり、少し渡したり、おこづかいの範囲でやってもらったり二人で取り決めをしましょう。

赤ちゃんがいるのに飲み会いって迎えに来いって言う旦那のまとめ

旦那さんには厳しい意見になってしまいましたが、ちゃんと自分の奥さんや赤ちゃんのことを考えてもらうようにしましょう。

今後は赤ちゃんの面倒を進んでみてもらい、こんなにやってくれるのなら飲み会に行ってもいいかなという態度で過ごしてもらいたいですね。

赤ちゃんのお世話ほどほどにがんばりましょうね。
飲み会行ってほしくないと思うのも今だけです。
そのうち、もう帰ってこなくていいよと言って送り出す日も来るかもしれませんよ(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。