岐阜県中津川市のイチゴ狩りめぐりーんレビュー 予約や場所などの詳細も


毎年、年が明けるといちご狩りへ行きます。

いちごは一月がおいしいとか聞いたことがあり、本当かなぁと半信半疑のまま毎年行っているのですが。

ここ数年は中津川市の「めぐりーん」へ行っていますので紹介します。

スポンサーリンク

岐阜県中津川市めぐりーん

めぐりーん産地直売所
場所 岐阜県中津川市千旦林1574-41
電話 0573-78-1078

駐車場 無料

いちご狩り期間は
2018年1月5日から5月下旬

金曜日はいちご狩りはお休みです。

料金 1月5日から4月5日まで 7歳以上1700円、3歳から6歳950円
4月6日から5月8日まで 7歳以上1400円、3歳から6歳750円
5月9日から 7歳以上950円、3歳から6歳500円

3歳未満は無料、料金は税別です。

予約なのですが、先着順となり定員に達したら受付終了です。
受付時間は朝8時から14時半
開園時間は10時から15時

20名以上だと団体あつかいとなり予約が可能とのことです。
月曜から木曜の平日のみ予約が可能だそうで、土日祝日は予約不可です。

筆者は一月の連休中に行くことが多く、けっこう混んでいる日かと思いますが、
予約に朝いち少し遅れ9時過ぎとかでしたがギリギリ入れたよみたいなことがありました。
まだ一月初めですし、いちごの収穫の問題などもあると思いますがこういうこともあります。

土日の場合は予約はお早めにです。

産地直売所ということで、いちご狩りだけではなく野菜やお花も売っていてお客さんも朝からお野菜目当ての方などもいらっしゃいます。

いちご狩り情報

開園時間前に予約をとりに一度行き、開園時間にまた行く。
または直接行き予約をして、すぐ入れそうだったら入るということもできると思います。

レジで料金を支払います。

教えてもらったハウスまで行きます。
案内があると思います。

いちご狩りのハウスまで少し遠い場合があります。

数分歩くかもしれません。
上着は着て行ったほうがいいです。
ハウス内に掛けられます。

いちごはハウス内に二種類「紅ほっぺ」と「章姫」があり好きな方が食べられます。

ハウス内は自由にどこへでも行けます。
足元が濡れていたりすることもあるので気をつけてくださいね。

練乳の容器と練乳がもらえます。
容器は入れるところが二つに別れたもので、練乳といちごのヘタが入れられます。
練乳はおかわり自由です。自分でおかわりができます。

紅ほっぺと章姫の二種類のイチゴが楽しめるので、味が変えられてたくさん食べられると思います。
章姫のほうが少し酸味があり、紅ほっぺは甘いです。

いちご狩り再入場はできません、とあります。
トイレの場合は近くにいる従業員の方に確認をとったほうがいいと思います。

トイレの場所はいちご狩りハウスから遠い場合があるのでハウスへ行く前にすましておくといいです。

持っていくといいもの

特にありません。

ケータイやカメラなど写真を撮る場合は忘れないようにしたほうがいいですね。

小さいこども連れの場合は
エプロンやこどもが使いやすいお皿やフォークなどがあるといいかもしれません。

ハウス内にお座敷やイスを置いたりできる広めのスペースはありません。
イスぐらいは置けるかもしれませんが通路になります。

ベビーカーや車いすの方が入れるハウスがあるようなのでそちらだったら可能かもしれません。

普通のハウス内も車いすの方も入れそうな通路になっていると思いますが、ハウスまでの道がどうかなというところでした。
ですので専用に近く道も細くないハウスがあるのだと思います。

小さい移動がまだあまりできないこども連れの場合はベビーカーで入るか、抱っこ紐で抱っこしていった方が便利かもしれません。

乳児でも離乳食が始まった子だったらいちごも食べられると思いますので、つぶして食べさせてあげてくださいね。
お皿とスプーンなどを持ち込むといいと思います。フードカッターもあると便利かもしれません。

めぐりーんいちご狩りまとめ

予約をとるのが困難です。

遠方の場合はまだ入れるか直前に確認されたほうがいいです。

いちご好きな方にはたまらないいちご狩り、いろいろな農園へ行ってみて自分に合ういちご狩り園を見つけるのもいいです。

参考になりましたら幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。