インフルエンザ予防接種 妊婦のリスクや赤ちゃんへの影響、初期の場合は?

今年もそろそろインフルエンザが流行る時期になってきましたね。
予防接種のことなど気になりますね。

今妊娠中の方はインフルエンザの予防接種を受けようか迷っている方などもいらっしゃるかもしれません。
妊娠中は薬などもだめだと言いますし、ましてや予防接種なんて大丈夫なのかすごく気になりますよね。

それでもインフルエンザになったことを考えるとそれもそれで大変そうです。

できるだけ薬も使いたくないし悩みます。

インフルエンザの予防接種って大丈夫なんでしょうか?

今日は妊婦さんのインフルエンザ予防接種についてまとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種 妊婦さんへのリスクはある?

2009年に新型インフルエンザが日本に来てから妊婦さんはインフルエンザワクチンのリスクよりも新型インフルエンザにかかることのほうがリスクがあるとしているようです。

海外では新型インフルエンザによる妊婦さんの死亡例があるようですが日本では新型インフルエンザが原因での妊婦さんの死亡例はないとのことです。

というのも当時妊婦さんは優先的に予防接種をうけることや早期の治療で重症化をさけていたようです。

妊婦さんだと新型インフルエンザは重症化しやすいという事例があったことによることでした。

現在では新型インフルエンザも季節性インフルエンザと同じ対応になっています。

そういうこともあり妊婦さんはインフルエンザの予防接種を受けるように勧められることが多いようです。

インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって細菌やウイルスを殺して毒性をなくしたワクチンなので妊婦さんでも大丈夫な予防接種なんです。
風疹などの予防接種の種類は生ワクチンといって、これは細菌やウイルスを生かしたまま弱くしているだけなので妊婦さんには危険だと言われているんですね。

予防接種は不活化ワクチンと生ワクチンそしてトキソイドと三種類に分けられます。

トキソイドは妊婦さんに接種できるようですがよほどの理由がないとしません。

妊娠中のインフルエンザワクチン接種の安全性は証明されているということで新型インフルエンザでも重篤な副作用の報告はないとのことです。

ですが、インフルエンザ予防接種を受けたときの副反応というものがあります。

これはインフルエンザ予防接種を受けるすべての人にあることですので知っておきましょう。

接種した場所の腫れや痛み、発熱、頭痛、まれにアナフィラキシーショックがあるようです。
アナフィラキシーショックは卵アレルギーがあると危険性が高いということです。

インフルエンザワクチンを製造過程で卵を使うので卵の成分が残ってしまうようです。

インフルエンザ予防接種の問診票にも卵アレルギーがないかの確認があります。

年により0から4件と少ないですが死亡例もあるようです。

筆者も毎年受けるインフルエンザの予防接種ですが、死亡例があることまでは認知していませんでした。

妊娠中だとうこととは関係はありませんのですべての人にあることだとご参考までにです。

インフルエンザによる死亡は日本では推定一万人と言われていますので予防接種の死亡例よりはすごく少ないことが分かります。

死亡例とか怖いことを言ってしましまして申し訳ないのですが、以上のことをふまえまして予防接種を受ける受けないをご検討いただけましたらと思います。

インフルエンザ予防接種 妊婦の場合赤ちゃんへの影響は?

お腹にいる胎児への影響は一番気になるところですよね。

インフルエンザワクチンにはチメロサールという水銀化合物が防腐剤として含まれています。

インフルエンザワクチンだけではなく不活化ワクチンというものにはチメロサールが防腐剤として使われています。

チロメサールが大丈夫なのか心配されているのは、水銀が胎児に影響を与えるのではないかということでした。

1988年から1999年頃アメリカでは乳幼児が受ける予防接種が増えました。
チメロサールの含まれる予防接種も増えたということです。
同じような時期に自閉症などの発達障害も増え、予防接種に含まれるチメロサールが原因ではないかという疑惑ができました。

しかし自閉症など発達障害とチメロサールとの因果関係は分からず否定されました。

そういうこともあって今でも心配の声があがっているようです。

チメロサールの成分はエチル水銀というもので、水俣病などの原因の水銀はメチル水銀です。

メチル水銀は体内に長く残り、害があると言われており摂取する場合の安全基準も設定されているものです。

一方、チロメサールに含まれるエチル水銀は安全基準よりもごく微量なうえ、体外へ排出されるという性質があり安全性に問題はないとされています。

それでもやっぱり水銀はね。。。という考えは少なくないようでチメロサールもだんだん使われる量も少なくなっているようです。

チメロサールフリーのインフルエンザワクチンも製造されているようですが数は少ないようです。

チロメサールフリーのワクチンを製造していた工場の一か所が2016年の熊本の震災で被災しそれ以来は数が減ってしまったようです。


スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種 妊婦さんが妊娠初期だと影響がある?

妊娠初期は妊娠中でもトラブルが多く安静にしていたほうがいいといわれる方もいて心配な時期でもあります。
予防接種は妊娠初期は避けた方がいいとうこともよく聞きます。
こんな時期にインフルエンザの予防接種は受けても大丈夫なのでしょうか。

2009年新型インフルエンザでは妊娠初期に予防接種を受けた方がそれが原因での流産や胎児の先天性異常があったという報告はないということです。

従来のインフルエンザ予防接種では妊娠中のすべての時期に安全であるとされており、妊娠初期に接種しても奇形のリスクがないという研究結果が出ているようです。

現在では新型インフルエンザも同じ一回の予防接種で従来の季節性インフルエンザと一緒に接種することができます。

インフルエンザ予防接種妊婦の場合のまとめ

以上をふまえて予防接種を受けられるか、今回は予防に専念するか判断されてください。

大変こわいことをいろいろと書きつらねてしまいまして申し訳ありません。

参考にしてみてください。

わたくし筆者は12月の出産でして産院には「インフルエンザ予防接種受け付けます」みたいな貼り紙がされていました。二人目の出産です。
医師からは何も言われず、受けた方がいいのかなぁと思いましたがたいして悩まず忘れて出産を終えましたです。(汗
そんな人もおります。

健やかにお過ごしください。
あなたの安産を祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。