仕事をしながら整備士の資格をとる夫 2級の講習へ行っています


うちの夫は自動車整備の会社で働きながら整備士の資格をとる講習へ通っていますので

そのことについて家族の負担や本人の負担などを中心にお話したいと思います。

二十代の後半にさしかかるころ転職し、整備の仕事をしながら整備士の資格を3級からとっています。

今回は2級の講習へ行っています。

もしかしたら同じ境遇の方に参考にしてもらえればと思い今回この記事を書いてみることにしました。

スポンサーリンク

仕事をしながら自動車整備士をとること

整備士って今まで高校や大学で機械関係の課程をとっていなければ一年以上の実務経験で3級の整備士受験資格ができ、

3級合格後三年以上の実務経験で2級、2級合格後三年以上の実務経験で1級の受験資格ができるんですね。

2級の講習を受けているので四年、今の会社で働いています。

整備士の試験は年に二回あるみたいですね。

自動車整備振興会の技術講習を修了すると技能検定の実技試験が免除になるとあります。

そのための講習へ通っているようです。

仕事しながら講習へ行くことは普通にできることです。

しかし、夫は子供が二人います。

そして妻は働いています。

そのうえ、その講習をする場所は遠かったんです。

週に二回ほど講習はあり、車で行きますが高速道路を使ってしまうと一日で五千円以上になり経済的に無理!ということで高速使用を避けましたので片道二時間以上の道のりです。

そしてさらに講習へ行くときの仕事の休みは普通の自分の休みです。

仕事、講習合わせて休みはほぼなし。

たまにありましたが月に一日あるかないかです。

そしてさらにさらに、冬はタイヤ交換などがあり忙しい時期なんです。

(田舎なので車必須で雪の時期はみんな見計らったようにタイヤを替えに来ます)

仕事の日は帰りが遅くなり次の日が講習だと早起きしなければならないのでキツイ。

講習の日は五時半に起きて、六時に出ていました。

こどもは起きても父親がいなくて、休みもなく接していることが少なくなってきたので少し不安定になっていきました。

父親になついていますので。

妻も夫の時間より早めに起きていろいろ準備しますので大変です。

とにかく条件的にけっこうキツイです。

3級のときも同じ条件でした。

しかもそのときこどもはまだ0歳児で保育園に行っていたときでした。

なんとか終わりましたがもうやりたくないと思いました。

それが今度は2級だからと。

会社の都合で講習費が出るのが今回までとなり受講することになりました。

仕事をしながら整備士2級の勉強をする

仕事が終わるのが遅いのでなかなか時間もとれないなかやっています。

そして難しいようです。

中間試験が何回かあり、赤点をとると補講が決定するみたいです。

補講になると追加料金がかかり自費になりますし、補講なしよりも多く通うことになるのでまた大変になります。


スポンサーリンク

3級のときもけっこう勉強していてなんとか一回で受かりました。

気を抜いてあんまり勉強していないと中間試験で落ちる人も少なくないようです。

同じ会社の人で受けた人も3級で落ちたことがある人もいるそうですよ。

勉強はしっかりやったほうがよさそうです。

実技も3級のときから難しいと言っていました。

勉強時間の確保と実技のほうもしっかりと予習復習が必要みたいです。

家族も勉強時間を確保するためにいろいろ気をつかうのです。

邪魔をしたらいけないとか。

勉強のために早く行くからとか。

仕事しながら整備士をとるまとめ

整備士の友人がいましたが、休みを利用してか会社の仕事として行っていたのかは分かりませんが整備士の講習を受けてると言っていました。

普通に夜に会っても普通でしたし遅くまで遊んでいましたので、結婚しているとかではなければ普通にやっていけることだと思います。

あと、条件が悪くなければ。

フォローをしっかりしないとこどもにも影響を及ぼすこともあるので気をつけなければなりません。

こどもは土日に妻が遊びに連れていくなどして気分を変えられるようにしています。

夫もイライラしていますがあんまり怒らないように心がけこどもとのスキンシップや声かけを多めにとるようにしています。

そうしていつのまにか終わって、やっと終わった!となることと思います。

今は休みもないので夫の時間が合わないし帰るのが遅いのでみんなで外食も行けません。

わたしはこどもと三人で行っています。フフフ

夫の分は買ってきたお弁当です。

先日のこどものお誕生日のお祝いも三人でやりました。

こんな不便をしています。
同じような境遇の方お気をつけを。それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。