赤ちゃんがいる場合暖房の設定温度は?経済的な適正温度は?そのほか併用すると便利なもの


赤ちゃんがいると一日中エアコンをつけている家庭も多いと思います。
風邪をひかないように、体調が悪くならにように気をつかいますよね。

設定温度が高いと電気代も気になるから、エアコン以外も使いたい…
他に寒さ対策ができればいいな…
と思っている方は私の経験から少しでも参考にしていただければと思います。

赤ちゃんがいる場合暖房の設定温度は何度にする?経済的な適正温度が知りたい!

まず赤ちゃんは“暑がり”ということを覚えておきましょう。

冬場の赤ちゃんがいる部屋の温度設定は【20度~23度】と言われています。
少し肌寒くないかな?
と思うかもしれませんが、温度のほかに湿度も関係してくるので室内温度は18~23℃を目安にしてください。

大人が暖かいと感じる温度は、赤ちゃんにしてみて暑いくらいです。
そのため、赤ちゃん自身が暑さを感じグズってしまうこともあります。

また、あせもや脱水なども症状が起こる場合もあるので温めすぎには注意しましょう。

さらには「乳幼児突然死症候群」になる可能性もあるので室内温度はしっかり管理しましょう。

基本的にエアコンでの暖房が多いと思います。
私は雪が降る地域にいますがエアコンを一日中つけて過ごしました。
家の作りが少し古いので25℃設定でしたが、やはり少し寒いかな?と感じていました。
一ヶ月の電気代は一万くらいでした。

地域や使っているエアコンにもよると思いますが、私の経験から23℃設定でも電気代はおおよそ一万から二万ほどかと思います。

併用すると便利な暖房器具などはある?エアコンだけでいい?

私はエアコンのみで冬場を過ごしました。
部屋の広さや家自体の環境も関係しますが、あると便利だなと思ったのがオイルヒーターやパネルヒーターでした。

部屋全体を温めることはできませんが、換気をしている時など“じんわり”赤ちゃんの周りが暖かい状態になればいいかなと思いました。
それに表面を万が一触っても、ストーブのような熱さはないので安全ですよね。

お金があるなら、床暖房もいいと思います。
床から熱が上がってくるので、足もとも暖かいのですよね。
子供が通っている保育園が床暖房で裸足で過ごせるくらいなので、赤ちゃんも日中は暖かく過ごせると思います。

ただし、床に布団を敷いて寝かせないようにしましょう。
床暖房は昼間のあいだで使うと便利だと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんグッズで冬場に便利なものは?エアコンと併用であったかグッズ

赤ちゃんグッズで便利だなと思ったものは、スリーパーです。
脱いだり着たりが簡単にできるので、少し部屋の温度を下げた時などはスリーパーを着せて過ごしていました。

首がすわる時期だと、布団を蹴ってしまうこともありました。
おくるみも一緒に蹴ってしまうので、スリーパーならお腹が出ることはありませんでした。

まとめ

赤ちゃんがいると寒がっていないか心配になりますよね。

部屋の温度をあげて、温めようとしてしまいますが赤ちゃんは汗っかきの暑がりです。
20~23℃を目安にエアコンでこまめに設定してあげるのがいいと思います。

家の環境などもありますが、オイルヒーターなど使ってもいいかもしれません。

暖房器具以外にはスリーパーがおすすめです。
まだ寝ているだけの赤ちゃんにも使え、手足をバタバタを動かし始めて赤ちゃんにも使えます。
重ね着などでも対応は出来るので、スリーパー洗濯中の時は重ね着をしていました。

赤ちゃんの様子を見ながら部屋の温度設定をこまめに変えるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。