ご祝儀でまかなえる 結婚式費用を安くする方法とは?

結婚式費用ってすごく高い!!

結婚式は赤字とよく聞きます。

ご祝儀だけで払えるのかなと疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

みんな親からの援助で挙げているのかな?

お金のない人はどうしたらいい?

私は、人から結婚式の話しを聞いたりすると、こうやってやればもっと安くできるのに!といつも思ってしまいます。

これは実際に自分の結婚式をご祝儀でまかなった方法です。

やってみたらできたので自分たちなりにやったことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結婚式の費用をご祝儀でまかなう方法

結婚式費用をご祝儀でまかなうには単純に結婚式代と同じかそれよりも多くご祝儀をもらえばいいんです!

順番に説明しますね。

まずは予算を考える

どのくらいの結婚式ができるか予算を考えましょう。

ご祝儀がどのくらいもらえるか、です。

親族は誰を招待しなければいけないのか、その人はだいたいいくら包んでくれるのか。

親族に職場の方、お友達を招待すると思います。

ご兄弟がいて先に結婚なさっているなら親族はどのくらいのご祝儀になるか参考にさせてもらいましょう。

ご祝儀の相場

↑参考にされてみてください。

家族で招待するか、夫婦で招待するかによってもまた金額が変わります。

また、地域により相場が違う場合もありますのでご両親などと相談されるのもいい方法だと思います。

お友達や職場の人は何人呼ぶか考えましょう。

お友達のご祝儀の相場はだいたい三万円となります。

だいたいお料理と引き出物の金額によってはその二つでギリギリとなりますのでよく考えるところとなります。

できるだけ具体的に考えましょう。

○○円は絶対にもらえるからという金額をだしておくとなお良いです。

あなたはどんな結婚式がやりたい?

どんな結婚式をやりたいか考えましょう。

○どれだけの規模と人数で。

○これだけははずせない。

例えば、ドレスはあの人が着てたのを絶対に着たい。

友達は絶対に呼びたい。

親族だけでいい。

海外でやりたい。

神前式がいい。

などです。

だいたいの予算とどんな結婚式にしたいかを決めたら結婚式場を選びましょう!

わたしの場合

わたしたちの場合は、結婚式はやらなくてよかったです。

できるだけご祝儀で結婚式代を出して新婚旅行を楽しみたかったんです。

でも、ドレスは着たかった。

あと親族には知らせなければいけなかった。

それならとしぶしぶ結婚式をやることにしました。

わたしの親族は、叔父叔母が義理も合わせ12人と若干多めでした。

そこに祖父母と自分の親に兄妹。

あまりご祝儀を期待できる親戚関係でもありませんでた。

夫の方も親族がだいたい同じ数にできました。

ですが従妹まで入っていたのでご祝儀はそこまであてにできない感じでした。

結婚式代は各家のご祝儀をまとめて支払いに充て、足りない分は二人で折半する予定でした。

結婚式場で見積りをとろう

電話をして予約をしてから結婚式場に行きましょう。

ネット予約もあるかもしれませんね。

ブライダルフェアなんかも。

もう具体的に、だいたいいつの日どりで何人ぐらいで見積りをだしてもらっちゃいましょう。

一か所だけではなく数か所行きましょう。

結婚式場を決めよう

結婚式場の場所、担当者の良し悪し(大事!)、気に入った点などを考慮して

2、3か所にしぼりましょう。(ここ大事!)

見積りは大事ですが、とりあえず予算と大きく違ってもいいので決めます。

ポイント私がこれは決め手として考えるといいと思うことなのですが、結婚式により大きいところは一日に何組も受け入れていて、トイレや玄関やホールなどで他の結婚式のお客さんとかち合わせます。

こじんまりとした結婚式場は一日一組というふうに決まっているところもあります。

そういうところは結婚式場全体的にのんびりどこでも使えるし、招待客に小さいお子様連れなどがいると使いやすいかなと思います。

結婚式場の見積りと予算との比較

もし見積りと予算が大きく違っても、この式場がいい!というのがでてきませんか?

でも見積りは見積りなので、金額は減らすこともできると考えてもいいのではないでしょうか。

例えば式場でお願いするものを手作りにすることができるなら、とか。

もしかしたらお迎え用バスがいらないのに見積りに入っている、とかもあるかもしれません。

その他選べるアイテムの金額や(お料理、引き出物、ペーパーアイテム等)ドレス代やお色直しの回数に伴う美容代などの確認をしてみましょう。

見積りをお願いした担当者さんに相談して予算に合うような見積りを作り直してもらうのもいいと思います。

ポイント必ずしも手作りにすると安くできるというわけではないのでご注意ください。式場により、持込み料というものが発生する場合もありますので確認してみてくださいね。

遠方からみえる親族や友人に宿泊代や車代など式場の見積りに入らないものもありますので計算して費用として計算してくださいね。

結婚式場の見積りを予算内にしよう

3か所にしぼった結婚式場は最終的には2か所にしぼりましょう。

そして見積りの最終交渉をしましょう。

最初に予算を決めましたので予算におさまるように見積りを出してもらいます。

2か所にしぼった式場で最終的に見積りを比較し検討して決定しましょう。

ポイント最終見積りの際に他の結婚式場でも見積りをとっていることを言ってしまってもいいと思います。

スポンサーリンク

結婚式のゲストの人数

最初予算を計算したときに決めたと思いますが、ゲストの人数により結婚式の規模が決まります。

ゲストの数が多ければかかる金額も多くなりますし、ゲストが少なければ金額も少ないです。

ゲストの人数に関係なく同じ費用かかる、場所代や挙式代、衣装代、写真代などもありますが、

料理や引き出物、テーブルに置くお花やペーパーアイテムは人数分いりますのでそこで結婚式代が変わってきます。

参考までに、ご祝儀は親族のほうが多くお祝いをいただけますし、友人や職場の同僚からはだいたい相場のおよそ三万円をいただくことになります。

ご自分の希望にそうように考えてみてくださいね。

ポイント予算ばかりにとらわれず、来てもらった人におもてなしする、楽しんでもらうという心は忘れないように考えると、とても素敵な結婚式を迎えられることこの上なしです。

わたしの場合 ここ重要です!

結婚式場はいろいろ行ってみました。

チャペルがキレイで気に入った式場と、景色がよくて気に入った式場二か所にしぼりました。

二人で話し合い、チャペルのキレイな方はすごくよかったんですが希望の日が合わなかったのと担当者の方と合いそうになかったこともあり景色がきれいな式場に決めようかと迷っていました。

できるだけ安くしたかったこともあり見積りを見直して、どこが削れるかなどのお話をするために二回目にチャペルがキレイな式場へ行ったときに決定の最終見積りをもらい少し時間ができたときに夫がトイレへ行くと言って出ていきました。

それが!もう1か所の式場へ電話して交渉してたようです(汗)

チャペルがキレイな式場でもらった見積を持ってもう一つの式場へ行き再度見積もりを出しなおしてもらいました。

値下げ交渉のおかげで最初よりも値引き率も上がり、チャペルのキレイな式場よりも安く見積り直してもらえました。

見積の値引き率をざっと紹介します。

会場費 100%オフ
挙式 人前式 100%オフ

フリードリンク 50%オフ

衣装代 5%オフ

招待状、席次表、メニュー表、席札 100%オフ
芳名帳 100%オフ

引き出物 20%オフ
引き出物用袋 100%オフ

写真、アルバム 20%オフ

キャンドルサービス 100%オフ

ゲスト用のバスとデザートビュッフェとエンドロールをサービスでつけてもらいました。

ペーパーアイテムは条件付きで、指定のデザインなら100%オフということでした。

手作りしたものもあり、フラワーシャワーとウエルカムボードは自分たちで作りました。

お見送り品と親に渡す花束はプレゼントに変えて自分たちで用意しました。

こんなことがあり、たまたま予算内におさめることができました。

わたしの場合は予算は大まかに計算していましたが、式場の見積りはけっこう100万単位で変わってしまうのでそこも予算が百万円台なら見積りも百万円台で、みたいな感じで見積りをとっていました。

何十万ぐらいだったら自分たちで支払えると思いましたので。

結婚式費用をご祝儀でまかなうまとめ

何よりも最初の計算が大事です。

いくらぐらいの結婚式があげられるかを考え、予算内で済ますことがすべてです。

その予算内でやりたいことはやっちゃいましょう。削れるところは削っちゃいましょう。

手作りできるところは作っちゃいましょう。

幸い今はハンドメイド品もお安くいろいろ手に入ります。

わたしが結婚式代をご祝儀でまかなえたのは、小さめな規模の結婚式だったことと、見積時の交渉が特によかったと思います。

見積で式場を比較して決めることはよくあることと思いますが式代を値切ることはあんまりないかなぁと思ったのです。

見積時のポイントはいろいろなところで見積をしてもらい、あちらとこちらで迷っているとか、金額で決めようと思っているようなことを言ってみるといいかもしれません。

ここに決めたいけど予算がこれだけしかないからとかもいいですね。

親や値切りがうまい友達を連れていくのもいいかもしれません。

気に入る式場を見つけるのも重要です。

女性の衣装代が高いとよく聞きますが、衣装選びは絶対このお店で!それ以外は持込み料がかかりますよ!みたいなところは衣装代が高めの設定の場合もあるようです。持込み料も高いです。

いろいろな条件の式場がありますのでよく見積を見て相場と比較したり、これがどういうものかわからない、これはいるものなのか、など担当の方に電話でもいいので聞いて、その場ですぐに決めてしまわないことが大事です!

決めてしまう前にしか値切れませんので。

こんな値切りなどの話しをしてお金も大事ですが、どれだけ満足のいく結婚式があげられるかもとっても大事です。

あなたの素敵な結婚式を挙げられますように!
参考になりましたら幸いです。それでは。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。