クリスマスツリーを出す時期はいつ頃?早いのはだめ?正しいのはいつ?


一年で一番好きな季節で私的には最も大切にしいているイベントです。

外は全てが綺麗で空気さえ澄み、それだからこそ温もりを感じやすくて、布団から出にくくて…。(笑)
プレゼント!
とかイルミネーションとかわくわくするワードが溢れていますよね。

スポンサーリンク

クリスマスツリーを出す時期はいつ頃?

思い返してみると私がクリスマスツリーを飾らないことはないですが、出す時期はばらばらな気がします。
学生だろうが、独身社会人だろうが、夫婦だろうが、所帯もちだろうが関係なくです。

子供たちと飾り付けをして明かりをつけて「わぁっ!」という楽しみ方をしましたがそれもばらばらです。

周りに聞いてみると12月20日過ぎかなとか、もう本当にギリギリだとか、11月24日だとか、11月30日だとか、やっぱりばらばらでした。

それぞれ理由はクリスマスに近い日なら楽しむ日数は減るけれどかたずけるのが楽♪11月24日は待降節(アドベント)きっかり30日前、11月30日はアドベントカレンダーが12月1日から始まるためでしょうか。

出す時期に決まりはありません。

アドベントにしてもきっかり決まっているわけではなく、それは4週間救世主の誕生を待つということでいつからと定まっているわけではありません。

ただキリスト教の最も重要なイベントとしてクリスマスを捉えるなら12月に入ってからが妥当かと思います。

日本人においてはキリスト教信者であってもなくてもクリスマスを楽しみますし、神社にお参りに行ったり、寺に行ったり、バレンタインデー、七夕ととにかく忙しい一年をすごす特異な国民性をもっているのでクリスマスツリーを出す時期はそれぞれでいいのではないでしょうか。

クリスマスツリーを出すのは早いのはだめ?

だめという事はないです。

うきうきしながら早めに出しても、かたずけが楽だからとギリギリにだしても悪いということはありません。

私のように早めに出してギリギリまでテンションあげあげでクリスマスというか12月を過ごすのも全然アリだと思います。

とはいっても、クリスマスが終わるとすぐに年末ムードになり、もう本当に早く年が明けてあっという間におめでたい月に変わり12月の雪と1月の雪は全然イメージが違うように、世間も新年モードになってしまうのです。

そう思うと少しでも早くから12月を楽しみたくなったりします(笑)

スポンサーリンク

クリスマスツリーいつ出すのが正しい?

日付でいうといつから!というのは本当に決まっていませんが、考えてみると12月はクリスマスしかイベントがないのですがこれが結構全国的というか世界的で祝日というわけでもないのに認知度がそれよりとにかく高い!そしてすぐに年が明ける。

どうして年末は慌しい気分になるかというとこのへんなのでしょうかね。

洋服なども早め早めに売り出されますよね。

逸れましたがクリスマスツリーはいつ頃出すのがよいかとか正しいとかはありません。

重複しますが、先に書いたことから早めにクリスマスまでを楽しむか年末年始を計画的に慌てず過ごすかそれぞれで備えたりでよいと思います。

クリスマスツリーを出す時期のまとめ

最近涼しくなって、日本の特色である四季の秋が短くなっているといいますが、すぐに冬が来ます。

大好きな季節今からどう過ごそうかたくさん考える時間が減るようで少し残念ですが今年も楽しい気持ちでクリスマスを迎えたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。