十五夜って何する日?どういう行事なの?


十五夜とは、旧暦の15日の夜、満月を意味しており、
月の満ち欠けは、約15日周期で新月から満月へ、満月から新月へと繰り返されており、満月にあたる旧暦の15日を「十五夜」とされています。

秋は、7月~9月になっていた為、中間にあたる8月を「中秋」と呼んでいたことから、旧暦8月15日に出る月を「中秋の名月」と呼ぶようになり、
「中秋の名月」のことを一般的に「十五夜」と呼ぶのだそうです。

月の満ち欠けにより、正確にいうと十五夜は毎年違う日になるのだそうです。
今年、2018年の十五夜は、9月24日(月曜日)です。
残念ながら、この日は満月ではなく、翌日の9月25日になりますね。

十五夜は何をする日なの?

十五夜には、月見だんごと一緒にススキを飾りましょう。

月の神様をお招きする「依り代(よりしろ)」としてお供えする為なんです。

神様が依りつく対象のことを、依り代といい、本来は稲穂だったそうですが、
中秋の名月の時期に稲穂が揃わなかった為に、稲穂の姿、形がススキに似ている事から、ススキが使われるようになり、昔から魔除けの力があると、信じられていたそうです。

そして「月見台(つきみだい)」という、お月様を眺める舞台を用意して、
縁側やベランダ、窓際等の場所に月見台を置き、三方(さんぼう)にお供え物として、月見だんご、里芋、果物を飾りましょう。

(三方とは=主に神社で、神前にお供え物を供える際に使用される台です。
木製の白木か、朱色や黒色に塗られた陶器などがあります)

十五夜ってどういう行事?


その昔、平安時代に中国より伝わり、貴族の間へと広まったのだとか。
船の上で詩歌や弦を親しみ、お月様を眺めながら酌み交わす、
風流な催しだったそうです。

船の上なので、水面に映ったお月様や、盃の中に映ったお月様を
眺めていたそうです。ステキですね!

庶民に広まったのは、江戸時代に入ってからといわれており、
収穫祭や初穂祭としての行事でした。
貴族の方達とは意味合いが違ったようです。


スポンサーリンク

昔の方達にとっての「月」は、神と崇め、その力を信じ、祈りをささげる、
月の満ち欠けと共に暮らしてきた方達にとっての行事が「十五夜」だったのです。

一説によると、丸い満月は、豊穣を祝い

○農産物の収穫
○ものごとの結実
○祖先とのつながり

「満ち欠けする月の様子」「作物が月の満ち欠けとともに成長する」
ことから、月に祈り、収穫を感謝するようになったそうです。

十五夜は何する日のまとめ

タネから育てて、成長し、収穫に至る。
大地のめぐみに感謝し、空気の澄んだ空の、お月様にお供え物をして、
その後、そのお供え物を頂き、家族の健康と幸せを祈り、
お月様の力をおすそ分け、させてもらいましょう。

それから、お月見に供えたススキを軒先に吊るすと、
「一年間、病気をしない」という、言い伝えも残っているそうですよ。

長雨の時期でもありますが、晴れて、お月様にお目にかかれたら、
とてもラッキーなのかもしれませんね!

どうぞ、古来から続く「十五夜」をお楽しみくださいませ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チェックお月見団子の盛り方 入れ物や決まり事をお教えします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。