お月見団子の盛り方は?入れ物は?決まりはあるの?


お月様にお供え物を、といえば「お月見団子」を真っ先に思い浮かべますよね。

そもそものところ、季節は秋ですので、
丹精込めて大きく育った、里芋などの芋類や豆類、栗などの収穫物を、
神様と崇められていたお月様へ、豊作に感謝し、お供えしていたのだそうです。

時は流れ、江戸時代の後期にはお米が収穫できるようになり、
五穀豊穣の感謝を込めて、そのお米でお団子を作り、
お供えされるようになったのだそうです。

その姿、形やお月様に似ていることから、
丸い形は縁起が良いとされ、収穫物と共にお団子を飾り、
家族の健康と幸せを願ったと考えられます。

スポンサーリンク

お月見団子の盛り方は?決まった盛り方や意味があるの?

お月見団子の準備をしてみましょう。
丸いお団子は、丸いお月様に見立てて縁起が良いので、手作りするのであれば、
まん丸を意識してみましょうね。

まずは、お団子の数ですが、15個用意しましょう。
盛り方としては、ピラミッド型のように積んでいきます。
だとすると、はじめに9個のお団子を並べます(3個×3個)
土台ができたら、2段目に4個のお団子を積んでいきます(2個×2個)
ここは慎重に積んでいきましょう。

そして、最後の2個を一番上に積んでいきましょう。
この一番上のお団子が、霊界との懸け橋になると、考えられていたのだとか。
とはいえ、あまり緊張せずにやってみましょう。

お月見団子の入れ物は何がいい?決まった物があるの?

お月見団子の入れ物はというと、神事になるので、
「三方」や「お盆」に乗せます。
(三方とは木製の漆器のことで、白木で作られており、
お正月に鏡餅をお供えする台と、同様の物になります)

三方を、用意してあるご家庭は少ないと思われますので、
無い場合は、お盆やお皿での代用もオッケーなんですよ。
その際、控えめな色や模様を選ばれると良いでしょう。

それでは、お月見団子を準備してみましょう。


スポンサーリンク

まず、三方かお盆の上に白い紙を敷きます。
(白い紙は半紙・天ぷら用の紙でも大丈夫です。
それも無い場合は、ホームセンターにも売っています。
習字のコーナー辺りを覗いて見てくださいね)

正方形の紙を対角に敷きましょう、4辺に三角が垂れる感じです。
(お正月の鏡餅を飾る時と同じと考えてください)

その紙の上にお団子を積んでいきましょう。

そして、お団子の横にはススキを飾りましょう。

その際、お月様から見て、
右側にお月見団子、左側にススキと果物や芋類を並べましょう。

お月見団子の盛り方まとめ

お月見団子は、健康と幸せを願ってお供えした物なので、
その後、みんなで美味しく頂きましょう。
固くなっていると思うので、焼いてお汁に入れたら身体も温まりそうです。
(なんだか、お正月のお餅の食べ方に似てますね)
果物や芋類も同様に美味しく頂きましょう。

虫の音を聞き、慌ただしく過ぎた夏を懐かしみ
秋の豊作に感謝して、幸せと健康を祈る。
なんて風流なことでしょう。

お月様に想いを馳せて、ステキなお月見を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。