ハロウィンはなぜあるの?かぼちゃや仮装の由来はなんだろう?


暑さも過ぎると、テレビにお店に雑誌に、色々なところで目にするハロウィンの文字。
だんだんと日本に定着していっている行事の一つです。

さて、耳にする、目にすることが多くなると、自然とそのこと自体が気になってしまうもの。
ハロウィンの由来、ちょっと考えてみましょうか。

ハロウィンはなぜあるの?なんのためにやる行事なの?

ハロウィンは古代ケルト人の間で行われていたお祭りが発端だといわれています。

もっと詳しく知りたい場合はこちら
>>ハロウィンは悪魔崇拝からきている!どうやって日本に伝わった?

古代ケルトにおいて11/1は新年であり、その前日の10/31は収穫祭でした。

加えて、霊が戻ってくる日でもありました。
日本で言うお盆のようなものですね。

そのため、収穫を祝い、霊を追い払うお祭りとして行われていたものだったのです。

それがキリスト教が介入し、キリスト教と融合しました。

キリスト教では11/1は聖者(Hallow)であり、その前日である10/31がHalloweenとして広まったんです。

また、キリスト教(カトリック教会)においてもこの日はお盆のようなものと考えられ、
亡くなった人への祈りをささげる日でもあるのです。

つまり、ハロウィンは古代ケルトのお祭りがキリスト教と融合した結果生じたものであり、
死者を悼むために行われるものでした。

とはいえ、現在は仮装を楽しむイベントの側面が強いようですが。

ハロウィンの由来 かぼちゃはなぜランタンにする?


ハロウィンの由来は古代ケルトの宗教的儀式です。
ところで、ハロウィンといえばかぼちゃだという人も多いのでは。

くりぬかれた愛嬌のあるかぼちゃのランタンを見たことがあるでしょう。

もともとイギリス地方では魔よけの為に家の前にランタンを置く習慣がありました。
また同時に、祖先を導く役割もあったようです。
この点も、日本のお盆に飾るろうそくと似ていますね。

元々、イギリスの地方ではかぼちゃではなくかぶを使っていたそうです。
それがかぼちゃになったのはアメリカに伝わってから。
アメリカにハロウィンが伝わった時にアメリカにあったのはかぼちゃでした。
そのため、かぼちゃをランタンとして使うようになったのだとか。

つまり、かぼちゃのランタンは悪霊除けと祖先の導きと、二つの役割を持っていることになります。
このかぼちゃのランタン。

ジャックオーランタンといった名前もあります。
これはアイルランドの民話である、悪魔をだましたため、天国にも地獄にも行けずにさまよう男の話がもとになっています。


スポンサーリンク

ハロウィンの由来 仮装はなぜする?

さて、宗教的儀式であるはずのハロウィンはいまや仮装を楽しむイベントとしての側面が強くなっています。
では、なぜハロウィンは仮装をするのでしょうか。

前述したとおり、ハロウィンは日本のお盆のようなもので、祖先の霊が戻ってくる日でもありました。

しかし、祖先の霊だけでなく、悪霊や悪魔も訪れる日だと考えられていたのです。
悪霊や悪魔は恐ろしく、子供をさらってしまうものだと考えられていました。

そのため、子供がさらわれないように悪魔や悪霊と同様の格好をするようになった、それがハロウィンに仮装するようになった原因だといわれています。
同様の格好をしていれば、人間の子供だとはわかりませんからね。

元々子供を守るために行われた仮装ですが、今や大人も楽しめる行事となっています。
これはイベントとして企業が広めて、人々の間で広まったと考える方が妥当でしょう。

ハロウィンはなぜある?まとめ

ハロウィンは日本で言うお盆のようなものであり、霊魂と深くかかわっている行事でもあるようです。

イベントを楽しむのも良いですが、死者に思いをはせてみるものいいかもしれませんね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
チェックハロウィンは悪魔崇拝からきている!どうやって日本に伝わった?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。