夏バテの食事 あっさりしたもの食べたい!梅干しやきゅうりを使った料理を紹介


毎日暑くて暑くて冷たい飲み物しか飲みたくないし、熱いごはんじゃなくてつるっといける麺類、毎日でもいいとほんとに不健康な思考にしかならない夏。
全ては暑さのせいですが、夏バテせず、暑さに負けない食事をしましょう!
なんかやる気出てきました(笑)
食べるのは好きです!できるだけあっさりで。

スポンサーリンク

夏バテの食事にあっさりしたもの食べたい!あっさりさせるのに使うといい食材は?

夏バテによい料理というと全体的に冷たいものの印象ですが、大きく4つの要素できていることに気が付きましたか?

酸味のあるもの、スタミナがつくもの、夏野菜を使ったもの、ネバネバしているものです。

このような傾向に寄るのは、夏バテしない体を作るために必要な養分が主に、ビタミン(酸味含む)、タンパク質、ミネラル、ムチンだからです。

それらが含まれる食材と効能を対比させて簡単にまとめると次のようになります。

ビタミン 免疫力をあげる 細菌から身を守る
豚肉 夏野菜

ミネラル 体調を整える
食塩

ムチン タンパク質の吸収をよくする 抗ウイルス
山芋 オクラ 納豆

酸味 クエン酸(疲労回復) 食欲増進
レモン 梅

このことからやはり4つの要素が夏バテ対策に重要視されていることがわかりますよね。

上にあげた食材でムチンが含まれるものは特に、熱に弱いので生で食すると効果が高いこともありますので、あっさりした食事を!ということならネバネバしてひんやりな酸味調味料を豚肉、夏野菜にかけていただくのがよいかと思います。

夏バテの食事に梅干しを使った料理


梅干しは酸味も塩味もあって夏バテ予防の料理には欠かせない食材だといえます。
梅干しを利用した夏バテ対策料理を紹介します。

《山芋梅ソース》
山芋はネバネバムチンを含んでいるのと熱に弱いので生で細切りにして小山に盛り付けて上から梅チューブでよいのでかけるだけの簡単レシピです。
歯ごたえもありますし食欲もでますよ!

《梅干そうめん》
やっぱり麺類です(笑)
梅干の他に、ねぎ、生姜などの薬味をたくさん入れると効果も促進されますし、生姜は身体を冷やしすぎない予防にもなります。

それとテレビでやっていたのですが鯖缶というのも最初は「えーっ合わない」と思っていたのですが試してみたらとても美味しかったです。
お勧めです。

《梅ごはん》
お米をといで普通の水の量の中に塩分が普通に含まれている梅干を入れて炊くシンプルなごはんです。
梅の風味が生かされるのと手軽さと塩分を重要視したレシピですね。

ジュースにしたり、ドレッシングにすることでも梅干を活用できるのでかなり手軽な食材といえます。

スポンサーリンク

夏バテの食事 きゅうりを使った料理

きゅうりは見た目もさっぱりしていますし、みずみずしさのほかにパリッとした食感も冷えたきゅうりだと夏は気持ちよさを感じますよね。

夏バテ対策や効能として注目したいのは利尿作用です。

夏場暑いからといって冷たい飲み物を飲みすぎたり、結果むくみがでたり、むくみがでるということは疲労蓄積、いわば夏バテですね。

老廃物を流すという役割でもきゅうりは夏の食事にやはり欠かせない食材です。
きゅうりを使った料理レシピを紹介します。

《さっぱりサラダ》
レモンとオリーブオイルでそれだけでは味気ないきゅうりもさっぱりおいしくいただけます。
手軽さもおすすめです。

《山芋ときゅうりの酢の物》
またまた山芋登場ですが、ネバネバは本当に夏バテ予防に効きます。
こちらでは白だしでさっぱり冷やしていただきましょう。

《万能調味料》
これは、サイゼリヤの野菜ソースが好きすぎて自分で作ってみたのですが、冬場でセロリがスーパーになかったことからきゅうりを代用して作りました。
セロリと違って水分が出てしまうのですが、夏場冷やして使い切りなら問題ありません。
にんにくやしょうが、たまねぎなどと一緒にみじん切りにして、しょうが、オリーブオイルであえて、塩、こしょうで味を調えて作ります。
最高です。
何にでも合います。

夏バテ用あっさり料理まとめ

暑くてキッチンに立つのも嫌ですが、ほんのちょっと手間ともいえないくらいの工夫でとてもおいしく、しかも強い身体が手に入るならやってみよう!と思えますよね。

なんとかこの夏も乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。